スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

お尻の脂肪注入

2012.02.28(10:16)
 お尻の脂肪注入をやってみました。
 お尻が扁平な感じで貧相なので、ボリュームを出したいとは思っていたのですが、ヒップに関しては、特に日本では選択肢が少ないです。
 インプラント(コヒーシブなどのシリコンジェルインプラント、またはシリコンラバー)を入れる豊尻手術も考えたのですが、国内ではやっているところ自体が少ない、費用が高額であることに加え、胸と違って圧力のかかる場所なので耐久性が不安です。また、違和感・異物感なども残りやすいような気がします。何人かの先生に相談はしてみたのですが、部位にもよるものの、傷跡もそれなりに残ります。一般的にはお尻の溝の内側を両側二箇所切開し、そこからヒップ上部にインプラントを入れるのですが、個人的にはその場所よりはもっと外側、尻のほっぺの部分の方が気になっています。そこに入れるとなると、お尻の下側から切るか、上側から切る訳ですが、上は距離的に近いものの傷跡が目立つ、下はトンネルを長く掘るために余計な侵襲が大きい、という短所があります。
 さらに、コヒーシブを入れるとなると、いずれは入れ替えないといけません。一方でシリコンラバーは、国内では扱いが少なく、当然感触もコヒーシブには劣ります。
 そんな訳で、豊尻手術について色々悩んでいたのですが、相談した先生が「脂肪注入でも何回かやることで改善できる」というオプションを示してくださいました。

 ただ、脂肪注入については前からイメージが悪く、今現在でも諸手を挙げて肯定はしません。
 まず、生着率が悪い。注入しても、半分近くの脂肪は吸収されてなくなってしまいます。
 また、石灰化などのトラブルが起こることがしばしばあり、これがなかなか厄介のようです。顔などに少量注入する分にはほとんど問題にならないようですが、大量に入れた場合、うまく分散して広く薄く入れないと、入れた脂肪の真ん中あたりは血流がいかず、死滅してしまうのがいけないようです。脂肪細胞の生存率をあげる方法として、幹細胞を混ぜるやり方がありますが、それほど目立った効果がない上、非常に高額です。
 加えて、そもそも取る脂肪がないとどうしようもありません。
 ただ、脂肪注入でもし本当に良い感じになるなら、当然ながらインプラントを入れる豊尻手術よりはずっと良いです。入れ替えも違和感・異物感も、万が一の事故も心配する必要がありません。生着率が悪いとしても、全部吸収されてしまうヒアルロン酸に比べればマシですし、単位容積あたりの価格でもヒアロに比べればずっと安いです。
 というわけで、とりあえず、というほどお手軽価格でもないのですが、脂肪注入をやってみました。
 下は脂肪注入後一日目の画像です。お見苦しいので、苦手な方は見ないで下さい。 ⇒お尻の脂肪注入の続きを読む
スポンサーサイト
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
脂肪注入 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ウェストニッパーで肋骨矯正・コルセット効果

2012.02.24(15:45)
 ラブハンドルの脂肪吸引をした時にウェストニッパーをつけっぱなしにしていたのですが、最初は窮屈でも慣れてくると意外と大丈夫なので、ウェストニッパーで肋骨矯正に挑戦してみました。
 ウェストニッパーをしたところで脂肪が減ることはありませんが、常に圧力をかけ続けることで、ある程度肋骨の形を変えることはできるはずです。骨そのものの形は変わりませんが、肋骨を内向きにすることでウェストを細くする、ということです。要するにコルセットと同じ理屈です。調べてみると、結構コルセットやウェストニッパーで肋骨矯正をしている人はいるようなので、やってできないものではないようです。
 わたしは少しロート胸ぎみ(胸の真ん中が凹むような形)なので、前後方向には平たいのですが、肋骨の幅が割りと広く、寸胴に見えるのが気になっていました。
 本当は本格的なコルセットでやる方が良いのですが、ちゃんとしたコルセットは結構高いです。しかも紐で縛って絞り上げないといけないので、着脱が面倒くさそうです。
 コルセットの場合、フルクローズ(紐を縛って一番細くなった状態)のサイズが自分のウェストより10cm小さいくらいが良いようです。ウェストニッパーの場合、紐で縛る訳ではありませんから、もう少しゆるくしても良いかもしれませんが、大抵のウェストニッパーは多段階で調整できるようになっているので、一番細いサイズが10cm小さいくらいで良いのではないかと思います。
 前に使っていたウェストニッパーはMサイズで、表示サイズは61cmから67cm。圧迫にはなっても矯正するほどではありません。それでも24時間していると(お風呂と運動の時だけ外しています)結構鬱陶しかったのですが、最初は一番緩いフックだったのが、一番キツくしても全然平気になりました(身長が高いのでデブではない・・と思いたいw)。ウェストニッパー自体がちょっと伸びているというのもあるかもしれませんが・・。
 そこでもう一段小さいサイズのウェストニッパーを、新たに購入しました。
 ワコールのサルートSaluteというシリーズのものです。



 サルートは一番小さいサイズで58cm(55cm~61cm)があったので、これを使ってみることにしました。
 前のものより価格は高いですが、ウェディング用のウェストニッパーは作りがしっかりしていて矯正力も高いそうです。

サルート

 黒を選んだらデザインも結構可愛くて気に入りました。透け感がちょっとセクシーです(笑)。
 このサイズでも一番広いところのフックを留めれば、Mサイズの一番キツイところと実質同じ筈で、問題なく装着できます。ここから段々と細いところに移行していこうかと思っています。一番細くしても55cmですから、これに慣れてしまったらいよいよコルセットを買おうと思っています。
 Vollersというイギリスのメーカーが評判が良いようなので、ちょっと高いですが検討中です。58サイズの次の段階だと20インチになるのでしょうか。フルクローズ51cmというのは相当キツそうですが、余裕をもって装着することもできるので、細めの方がいいのかな、と思っています。
 肋骨矯正の注意点ですが、無理なサイズをいきなりするのは絶対にやめた方が良いです。途中でしんどくなって外してしまったら元も子もありません。常時装着していられるサイズまでにすべきです。
 実は肋骨矯正は以前にも挑戦したことがあったのですが、最初に頑張りすぎたせいかしんどくなり、寝る時は外すようになってしまったのです。寝る時外したのでは、その間にサイズも戻ってしまいますし、何時まで経ってもしんどいままで進歩しません。常時装着できるサイズまでで我慢して、その代わりじわじわ絞っていくのが現実的でしょう。
 ちなみに、コルセットもウェストニッパーも、胸まで覆うタイプのものがありますが、これは辞めておいた方が良さそうです。呼吸が苦しくて長続きしないそうです。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
整体・骨格矯正 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ジェイミー・キングのROCK your BODYの振り付けを覚える

2012.02.24(14:37)
 ジェイミー・キングのROCK your BODYを初めて一週間くらいですが、初日に全然ついていけなかった振り付けも、ひと通りはこなせるようになりました。やはり最初はちょっと大変くらいに感じる方が、飽きずに続けられます。振り付けを覚えるのが苦手、難しい動きはちょっと、という方も、何日か練習していれば結構できるものなので、やりたい!と思ったらとりあえず挑戦してみて欲しいです。
 動きを覚える時は、最初は正確にできなくても、とりあえず大体でできれば問題ないです。そういう時は大抵、ステップや足の動きだけまず覚えて、上半身は後から何とかする方が楽です。
 それから、パートごとに練習する時、その前のパートの最後の動きとのつなぎを意識しておくと、全体をやる時にすんなり行きます。
 全体を通してやると一時間弱くらいで、運動量的にも丁度良いと思います。
 わたしは輸入版を買いましたが、日本語吹き替え版も出ています

↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
ダイエット | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ジェイミー・キングのROCK your BODYを買いました

2012.02.20(15:50)
 いつもやっているエクササイズDVDに飽きてきてしまったので、新ネタとして「ジェイミー・キングのROCK your BODY」を買ってみました。

ROCK YOUR BODY

 個人的に吹き替えがイヤなので、輸入版の方を買いました。値段もグッと安いし、リージョン2と書いてあったので再生できるか不安だったのですが、ちゃんと再生できました。

B000MGBLGERock Your Body [DVD] [Import]
Jamie King
Good Times Video 2007-05-08



 「ジェイミー・キングのROCK your BODY」を買ったのは、特に深い理由があってのことではなく、ダンス系エクササイズのDVDランキングを眺めていて、何となく気に入ったというだけです。レビューを見るとちょっと難しそうだったので、逆に「それは挑戦してみたい」という気持ちにさせられました。今の運動に飽きてきていて、ちょっと難度の高いものがやりたかったのです。
 で、初日やってみて、たしかに全然ついていけません(笑)。
 でも毎日やっていれば段々フリを覚えてきて、それなりにこなせるようになります。初日ですんなりできてしまうようなものは、逆に簡単すぎてすぐ飽きてしまいます。一ヶ月くらいかけてやっとできるようになるくらいが丁度良いです。
 ただ、あまりにもついていけないと、そもそも運動になりませんし、ストレスもたまります。やっぱり映像を見て、多少難しくても「これがやりたい!」という気持ちになるものが一番だと思います。
 とにかく運動できればいい、難しい動作を覚えるのは苦手、という人にはオススメしません。わたしは特別ダンスができるということはありませんが、割りとスポーツはずっとやっていて、ダンスも一年だけスクールに通っていたことがあるレベルです(つまり全然ダメ)。素人には難しくても、もっとちゃんとダンスをやったことのある人なら、数回ですんなりできる程度の強度です。
 パッと見て「カッコイイ!」と思ったなら、是非挑戦してみて下さい。
 吹き替えの方が良ければ、日本語版も出ています

↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
ダイエット | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ニットソー素材ロングスカート

2012.02.20(15:38)
 ニットソー素材ロングスカートを買いました。

ニットソー素材ロングスカート

 相変わらず服の写真はテキトーに撮るとヤフオクの出品みたいで実に貧相ですね。すいません。コレです。



 冬用、みたいに書いてあったのですが、そこまで厚手でもありません。まぁそれなりに温かいです。
 ウェストゴムの楽チン手抜きスカートですが、ウェスト部分の白っぽいのはあまり可愛くありません。見せなければ良いのですが。
 でも部屋着とかご近所用には楽で丁度良いです。安いから文句言いません(笑)。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
ファッション | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

フェイスリフト術後一ヶ月

2012.02.19(15:56)
 フェイスリフトから一ヶ月経ちました。
 抜糸後から術後一ヶ月まで耳の周りの傷跡にテープを貼っているのですが、それも必要なくなります。といっても、このテープは邪魔になるようなものでもなく、別に気にもならないので、傷跡を少しでも綺麗にするように、もうしばらく貼っているかもしれません。傷跡はまだ赤みがありますが、普通にしていればそれほど目立ちません。
 現時点で残っている違和感等は、耳の周りの痺れた感じです。
 痺れたり突っ張ったりしている感じは、徐々にとれて行ってはいますが、まだ完全になくなってはいません。耳たぶ自体の感覚はほぼ以前と同じに戻りましたが、その周りの剥離箇所については痺れた感じが多少あります。といっても、これも日常気になるレベルではありません。
 後は放っておいて傷跡が徐々に良くなるのを待つだけです。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
フェイスリフト | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

脂肪吸引跡の固くなった部分にケナコルト

2012.02.14(20:07)
 ラブハンドルの脂肪吸引から一ヶ月ちょっと経ちましたが、吸引箇所の固くなった部分にケナコルト注射を打ってもらって来ました。
 吸引跡は一時的に固くなるものなので、放っておいても問題ないのですが、ケナコルトを打つと柔らかくなるのがより早くなります。
 場所的に多少固くても気になるほどのところではないので、一応です。
 日常的には問題ありませんが、まだ多少違和感があります。ヒリヒリというか、ピリピリする感触があります。
 また、傷跡ですが、左の方はほとんど目立たなくなっていますが、右は多少盛り上がっています。この辺はどれくらい気にするかですね。医者目線だと全く問題ないレベルでしょうが、人によっては結構気にするでしょう。もう少し様子を見てみます。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
ウェスト脂肪吸引 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ニベア バイタルチャージQ10ボディミルクとメンソレータム ボディベール うるおいミルク

2012.02.08(15:41)
 ボディ用の乳液が切れたので、Amazonで物色していたのですが、ニベア バイタルチャージQ10ボディミルクメンソレータム ボディベール うるおいミルクで迷って、面倒くさくなって両方買ってしまいました。

ニベア バイタルチャージQ10ボディミルクとメンソレータム ボディベール うるおいミルク

 ちなみに、真ん中に映っているのは以前に絶賛したアロヴィヴィ尿素&ヒアルロン酸全身ローションのリピート買いです。
 両方とも普通のドラッグストアものですが、せっかく二つ買ってしまったので、両方使って違いについて書いてみます。

 まずニベア バイタルチャージQ10ボディミルク。
 ニベアの中では高級な方で、感触としては固めのミルク。でも伸ばすと割りとすんなり伸びます。使い心地としては気に入りました。
 メンソレータム ボディベール うるおいミルクですが、ポンプ式になっています。Amazonのレビューだと割りと評判が良かったのですが、結構オイリーです。ちょっとベタベタします。乾燥肌が酷い冬場ならまだ良いですが、それ以外ではベタベタしてあまり気持よくないです。
 個人的には、ニベア バイタルチャージQ10ボディミルクの方が気に入りました。
 メンソレータム ボディベール うるおいミルクも思い切り残っているので、ぼちぼち使ってはいきますが・・。

B0036ZBSXOニベア バイタルチャージQ10ボディミルク
花王 2009-09-07


↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
スキンケア・ボディケア | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

防風通聖散の価格比較 ナイシトールより本草エキス顆粒が安い

2012.02.07(22:32)
 「内臓脂肪を燃やす」と宣伝されている防風通聖散という漢方があります。ナイシトールなどの成分です。
 ナイシトールで痩せるのか?というのは気になるところで、常識的に考えて、薬を飲んで劇的に痩せる、ということはないでしょう。ただ、多少なりとも痩せる手助けぐらいはしてくれないか、とちょっと気になっていました。
 このこのページには、こんな実験結果が書かれています。
方法:肥満女性患者50名を防風通聖散群25名と偽薬群25名に分け、6ヶ月にわたって体重および基礎代謝量を測定した。全員1日あたり(それまでの食事量から)500kcal相当を減食させる食事療法と1日5000歩の運動療法を指示した。
結果:治療6ヶ月後には防風通聖散群の方が対照群よりも有意に約4kg多く体重減少が認められ、基礎代謝量も有意に増加した。副作用はとくに認められなかった。

方法:耐糖能障害がある肥満(BMI25以上)のヒトを対象に防風通聖散群20例、コントロール群(カマグ投与)20例で6ヶ月間投与。
結果:内臓脂肪は防風通聖散群の方が197.6→104.4cm2に減少(正常値は100cm2以下)し、コントロール群に比べ有意に減少(<0.01)していた。皮下脂肪も減少していたが、内臓脂肪のほうが減少の割合が大きく、内臓脂肪÷皮下脂肪の減少割合は0.46→0.34に低下していた。それにあわせてインスリン抵抗性指標も3.8→2.1に有意に改善していた。(これは直接血糖コントロール作用があるという意味ではなく、内臓脂肪の減少から耐糖能障害が解消されたと考えられる。)

 このデータがどれだけ信用できるのか分かりませんが、半年で4キロ差が出るなら、上出来です。まぁ、ネットで調べると否定的な意見も多くあるので、気休めくらいに思っていますが。

 効果も定かならないものに高いお金を出す気になれないので、なるべく安く有効成分の多いものを買おうと思って調べると、三牧ファミリー薬局の防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)医薬品・医療用漢方薬比較表というページを見つけました。ナイシトールはもちろん、ボーツーンS、ロート和漢箋、ベラミスF、新コッコアポA、ココスリム、太虎堂エキス顆粒などなど、防風通聖散の医薬品成分が表にしてあります。このうち、単位成分あたりの価格が一番安いのは本草エキス顆粒だと分かりました(販売店ごとに異なると思います)。
 本草エキス顆粒は処方箋がないと買えないようですし、医薬品のネット通販が大分制限されてしまったので、通販では買えないかな、と思ったのですが、個人輸入なら買えるようです。シンガポールを経由して販売しているようです。三牧ファミリー薬局さんの表がわかりやすかったし、価格も手頃なので買ってみました。

防風通聖散

 すごく大雑把な感じでドサッと届きます(笑)。でも、包装などに余計な手間やコストをかけられるより、個人的にはこういう実用本位なものが好きです。

 で、実際に飲み始めて一ヶ月くらい経っています。
 一ヶ月で痩せたか?と言われると、数字上は微妙に減っていますが、その前にちょっと太ったこともあって、防風通聖散の効果とも思えません。誤差の範囲でしょう(運動は定期的にやっていますが、これは以前から)。
 ただ、お通じはちょっと良くなった気がします。直接「内臓脂肪を燃やす」効果があるのかは分かりませんが、便秘改善には多少の効果があるように感じます。もちろん、本当に重度の便秘だったら、普通に便秘薬を飲んだ方が良いと思いますが、そこまで行っていなくてマイルドに効くものを探しているなら、防風通聖散も悪くないかもしれません。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
ダイエット | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

フェイスリフト 抜糸、耳の痺れ

2012.02.03(12:12)
 フェイスリフト術後十日。術後一週間で抜糸した時に残したいくつかの糸も抜糸し、ひと通り完了しました。
 十日も経てば、目立つような腫れ、内出血跡などはありません。耳の周りはよく見れば腫れていますが、自分でもドクターに指摘されるまで気づかないようなレベルです。
 ただし、傷跡には一ヶ月目までテープを貼っていないといけません。傷跡を綺麗に治すためです。といっても、軽い紙テープなので、負担にもならないし、髪型にもよりますが、耳を完全に出していない限りまず人が気づくようなものではありません。というか、色も肌色なので、耳を出していても結構気付かれないと思います。
 痺れや違和感はあります。耳の周りが突っ張ったような感じですし、耳たぶの感覚もまだやや鈍いです。
 また、耳の下あたりを触ると痛みがあります。何もしなければ全く痛くありませんが、触れば痛いです。
 至って順調なので、あとは時が経つのを待つだけです。
 仕上がりについては、現時点では満足しています。ただ、腫れがある方が肌がプリッとして見えるので、ちょっと腫れのある状態が一番良かった、という人が多いそうです。これは目のオペとかでもそうですね。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
フェイスリフト | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やらなきゃ良かった整形、やって良かった整形

2012.02.01(13:41)
 ちょっと過激なタイトルを付けましたが、やらなきゃ良かったというより、コスパの良い整形・悪い整形についてです(プチ整形含む)。
 割りと色々整形というか、美容医療系のことに手を出している方なので、自分なりに「これはコスパが良い・悪い」という感覚はあります。やったこと自体については、基本的に全部良かったと思っているのですが、「これだけの費用・痛みには見合わないなぁ」というのは、正直あります。

 おそらく一般的に興味を持たれるのは「やらなきゃ良かった」とか「失敗」系の方だと思うので、そちらを先に書くと、まず個人的には顎プロテーゼが一番辛かったです。
 顎プロテーゼそのものがダメ、という意味ではなく、術後の固定が悪くてプロテーゼが中でズレる、という、レアな事故のせいです。このせいで一ヶ月くらいマスクが外せず更に再手術、という、散々な目に合いました。どちらかというと「固定は大事!!」という教訓です。
 固定を疎かにしてしまったのは、わたしがテープかぶれしやすい体質だからです。テープかぶれが色素沈着するのが怖くて、早めに固定を外してしまったのですね。こういうバカなことをしなければ、多分問題なかったのでは、と思います(オペ自体に何か不手際があった可能性もありますが)。
 また、正直顎プロテーゼは異物感があります。今ではすっかり慣れてしまって気にならなくなりましたが、心理的なものもあって、術後結構な間ずっと気になっていました。口の中の縫合箇所を柔らかくするよう、何度もステロイド注射を打ちました。これは実際にある異物感と、心理的ストレスによるものと、両方の要素があったかと思います。
 顎プロテーゼ自体を否定的には思っていませんし、結果として形は良くなりましたが、場所が場所だけに異物感が残る可能性というのは覚悟しておいた方が良いです。
 個人的には、一度ヒアロなどで形を作ってみて、それが本当に気に入ってからプロテを入れるのでも遅くないと思います。コストは余計にかかりますが、心底納得してからの方が良いです。

 次に「コスパが悪い」ということでは、脂肪吸引とサーマクールがあります。
 脂肪吸引は、ウェスト顎下をやっていて、何度も書いていますが、「体重を減らす」という目的なら、全く割りに合いません。脂肪吸引で取れる脂肪の量は極僅かなもので、物凄い体重のある人でもマックス3キロくらいではないでしょうか。わたしの場合、肥満という程でもなかったので、ラブハンドル(背中側の腰の肉)を取って300gも減っていないです。また当然ながら、取れるのは皮下脂肪だけで、内臓脂肪はどうしようもありません。あくまで「ピンポイントで気になる脂肪を取る」ものです。
 次にサーマクール
 サーマクールは、コンセプト的には好きなのです。前向きで。これが2、3万程度の価格だったら、気楽にどんどんやりたいです。
 でもあの値段で、あるんだかないんだか分からない程度の効果、そして何より猛烈に痛い!ということを考えると、正直割に合いません。メスを入れるのがイヤ、というなら良いですし、またダウンタイムもゼロですが、某ドクターなど医者のくせに「サーマクールやるならお金ためてフェイスリフトしな」とズバリ言っていたくらいです。
 せめてもうちょっと痛くなければね・・・。
 あの痛みのレベルは、美容医療系全般の中でも一二を争うと思いますよ(笑)。

 コスパというのとはちょっと違いますが、限界があるというか、「効いている時間がイメージより短い」のが、埋没法やスレッドリフト。
 スレッドリフトはやったことがないので、聞いた話から考えているだけですが、どちらも最初は劇的な変化があっても、数年で効果が消える、あるいは加齢で打ち消されてしまうところがあります。スレッドリフトには色々種類があるので、スプリングリフトなどは結構持つようですが、実質的ダウンタイム(安静にする必要があるわけではないが、スレッドの影が気になるなど)が割りと長い割には「持ち」が悪いように感じます。
 これらとは違いますが、鼻尖縮小も多少「戻り」があります。一ヶ月目くらいが一番小さくなるので、その後どうしても戻ったような印象があります。ただし、軟骨をいじって縫い合わせている場合は、完全に元に戻ってしまうということはありません。あくまで相対的で部分的な「戻り」です。

 ヒアルロン酸ボトックスは、元々「期限付き」というか、定期的に打たないとダメなものですが、特に筋肉の多いところへのヒアルロン酸注射や脂肪注入は、相当お金をザブザブ使う気でないとやっていられないでしょう(筋肉の多い箇所は吸収が早い)。胸をsub-Qで作る人もいますが、なくなるのはあっという間でしょう。
 また、ヒアルロン酸を入れるということは、なんであれ身体の容積が「増える」ということで、大局的にはたるみを生む原因になりかねない部分があります。個人的には、量的にたくさんヒアロを入れるのは気が進みません。
 その代わり、ダウンタイムは実質ゼロですし、リスクも低いですから、ピンポイントで使うにはとても安全で良いと思います。わたし自身もボトックスと、部分的なヒアルロン酸(目の下、唇など)はちょこちょこ使っています。
 ボトックスで注意が要るな、と思うのは、やりすぎるとかえってやつれた感じになることです。
 特にエラボトックスは、打てば確かにエラは細くなり痩せた印象になりますが、場所によってはやつれた感じになる上、肉が下がって口元がモタつくことがあります。この辺はエラとどっちを気にするか、という選択になるかと思います。エラボトは控えめ位が安全でしょう。

 個人的に特に「やって良かった」と思うのは、豊胸フェイスリフトなどの大きい手術です。切開法も良いです。
 これらはお金もかかるし、身体の負担も大きいし、手術から一定期間はしんどい思いもします。ただその代わり得られるものも絶大ですし、コストに見合った満足が得られています。
 また、ずっとスケールは小さいですが、シミやホクロのレーザーも手軽で確実です。
 ただしホクロについては、CO2でそこそこ削るケースが多く、場合によっては凹みが残ってホクロより余程不自然で目立ってしまう場合もあります。特に身体は瘢痕になり易いです。ホクロくらいあっても別におかしなものではないので、あまりやり過ぎない方が良いかと思います。

 フォトフェイシャルとかその他の光美容系は、多少やったことがありますが、エステに毛が生えた程度ではないでしょうか。相当回数をやり込めば違うかもしれませんが、あんまり期待しすぎない程度で受けた方が良いと思います。
 そういう細かいことの積み重ねが結構な差を生むのも事実なので、スキンケアと一緒で地道にやっていく価値はあるでしょうけれど。

 一つ忘れていましたが、美容系というより形成外科の分野として、傷跡修正は素晴らしいです。
 わたし自身は、実はかなり最初期に傷跡修正を受けて、その効果がすっかり気に入って、美容系に惹かれていったくらいです。普通の人はそんな酷い傷跡などないので関係ない話ですが、何か身体に目立つ傷跡があって気にしているようなら、傷跡修正の得意なドクターを探して形成外科の門を叩いてみることをオススメします。腕の良いドクターにかかると、本当にびっくりするくらい改善されます(まったくのゼロにはならない)。また、ケースによっては保険適応になります。
 ただし、傷跡修正の効果が大きいのは、元の傷が大きく目立つ場合です。傷跡修正自体も手術ですから、それ自体でメスを入れるわけですし、本当に微些細な傷跡の場合、別に改善しないかもしれないし、かえってヤブヘビになるかもしれません。盛り上がったケロイド状の瘢痕がある場合などは非常に有効です。
 それほど目立たない小さな傷跡を改善するには、手術ではない方法を考えた方が良いかと思います。

 念のためですが、以上はあくまで個人的な感覚です。「やって良かった」「やらなきゃ良かった」「割に合う・合わない」というのは、個人の悩みや気にする度合い、優先順位などに大きく依存しますから、実際上はひとりひとり違う筈です。また、ドクターの得手不得手や、単なる運にも左右されると思います。あくまで参考程度に考えて下さい。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
フェイスリフト | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

Author:yukko
2007年8月2日に豊胸手術を受けました。このブログでは術後の経過や注意点などを記録していきます。
顎プロテーゼ、ホクロ・シミのレーザー治療、ボトックス、サーマクール、二重(埋没・切開)、鼻尖縮小などについても体験を書いています。すべて自分が受けた手術の体験談です。

カテゴリー
ランキング

おすすめ本&DVD
最近のブログ記事
月別アーカイブ

ブログ過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。