爪白癬がイトリゾールとピロエースで治った

2013.10.18(13:51)
 恥ずかしながら爪白癬になったことを前に書いたのですが、イトリゾール1クール+1ヶ月(四ヶ月)でほぼ治ってきました。
 イトリゾールやラシミールを飲んでも、既に爪白癬に冒された爪が治るわけではなく、新しく生えてくる爪が健康になるだけです。だから一通り爪が生え変わるまで完治はしないのですが、既に白癬にやられた部分を切りつつ伸びてくるのを待っていたところ、一応、現在ある爪は健康な状態にまでなりました。
 完全に伸びきってはいないのですが、医師によると「1クール続ければ半年間くらい成分が残っている」とのことで、イトリゾール卒業の許可が出ました。
 完全に生え変わるには半年から一年くらいかかるので、長丁場を覚悟していたのですが、思っていたより早くイトリゾールから解放されました。イトリゾールはすごく高いお薬で、保険3割負担でも一ヶ月分で8,000円くらいするので、卒業になって助かりました。
 ただ、一応油断は出来ないと思って、ピロエース軟膏を塗ってピロエース石鹸で洗うのは続けています。
 薬については、爪白癬ではあまり効果がないそうですが、気休めで続けています。薬の中では軟膏タイプが良いという記述を見たので、軟膏にしています。爪以外にも白癬があった場合は効果があるでしょうし。
 石鹸については、水虫用の専用石鹸を使った方が良いです。今の石鹸は香りが残るような成分が入っているのですが、これが白癬の栄養になってしまうため、普通の石鹸でよく洗うとかえって白癬が悪化してしまうことがあるそうです。

B0012SEJISピロエース石鹸
第一三共ヘルスケア


B008MEINUU【指定第2類医薬品】ピロエースZ軟膏 15g
第一三共ヘルスケア 2012-02-20

↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
爪白癬 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

爪がデコボコ、爪白癬とイトリゾール、ラシミール

2013.07.27(16:09)
 大変お恥ずかしい話なのですが、爪白癬(爪水虫)になってしまいました。
 以前から爪がデコボコしているのが気になっていたのですが、爪白癬(爪水虫)だとは分かっていませんでした。いや、薄々気づいてもいたのですが、水虫というのを認めたくないあまり、逃げまわっておりました・・。
 爪の端の方に黒い部分があって気になるので、そこまで脇を切ってみたら、爪が3分の1くらい白くなってしまい、どうしたことかと医師に相談したことから、爪白癬(爪水虫)確定しました。
 まぁ、日本人の十人に一人近くが水虫とも言いますし、男女差もほぼないそうですが、やはり凹みます・・。
 考えてみれば、以前に一時期足の裏の皮がボロボロ剥けた時があって、あの時点で水虫だったのだと思います。その後、皮膚の水虫は症状が収まったのですが、爪が感染してしまったようです。

 とりあえず病院ではイトリゾールという薬を処方されました。

イトリゾール

 爪白癬(爪水虫)は外用薬はほとんど効果がなく、内服薬で治療します。イトリゾールは一ヶ月のうち一週間だけ服用、というパターンを繰り返すパルス療法という使い方をします。肝臓への負担を調べるため、血液検査も受けないといけません。
 このイトリゾール、かなりお値段が高いです。また併用禁忌が多く、ちょっと使いにくい印象です。
 調べてみると、イトリゾールの他にラシミールという薬があり、どうも最近はラシミールの方が人気のようです。
 参考になったページを以下に並べてみます。

爪白癬パルス療法の謎
 イトリゾールの謎。
ヒヤリハット事例(1)サンプル
 イトリゾールの併用禁忌。
爪水虫(爪白癬)の治療【足水虫・爪水虫を本気で治そう!】
 イトリゾール・ラシミールそれぞれの説明などが詳しく、分かりやすい。
 水虫(白癬)の内服薬について  爪の水虫は外用薬ではまず治りませんので内服が必要になります
 イトリゾール・ラシミールの比較。
イトリゾールとイトラコナゾール:NEXT-薬剤師:So-netブログ
 イトリゾール・ラシミールの比較表。

 これらを見て、ラシミールに薬を代えてもらおうかとも思ったのですが、かかりつけ医によると、パルス療法の方が肝臓への負担がいくらか少なく、爪白癬のみで皮膚の水虫がない場合イトリゾールの方が好ましい、とのことでした。どこまで本当なのかよく分かりませんが、ラシミールだと院外処方になって二度手間なこともあり、わたしはイトリゾールで治療することにしました。
 イトリゾールは基本的に三ヶ月が1クール、普通は2クール以上かかるようです。爪白癬(爪水虫)が完治するには爪が生え変わらないといけないため、半年から一年くらいは覚悟しないといけないそうです。ただし、イトリゾールは服用中止後もかなりの期間爪の中に残るため、一年まるまる飲み続けないといけない、という意味ではありません。
 わたしはイトリゾール服用開始から一ヶ月半ほどで、既に二回服用期間を過ごしました。
 下はかなりお見苦しいですが、爪白癬(爪水虫)の写真です。 ⇒爪がデコボコ、爪白癬とイトリゾール、ラシミールの続きを読む
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
爪白癬 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

Author:yukko
2007年8月2日に豊胸手術を受けました。このブログでは術後の経過や注意点などを記録していきます。
顎プロテーゼ、ホクロ・シミのレーザー治療、ボトックス、サーマクール、二重(埋没・切開)、鼻尖縮小などについても体験を書いています。すべて自分が受けた手術の体験談です。

カテゴリー
ランキング

おすすめ本&DVD
最近のブログ記事
月別アーカイブ

ブログ過去ログ