スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Vollersのコルセットが壊れる コルセットの耐久性

2012.06.22(23:10)
 前に書いたVollersの22インチコルセットですが、真ん中の金属とプラスチック部分が壊れてしまいました。

コルセットが壊れる2

 正面から見るとよく分からないのですが、横から見ると、人間で言えば胸骨にあたる部分が割れてしまっているのが分かります。

コルセットが壊れる

 この状態でも使えないことはないのですが、結構なお値段のコルセットが半年も経たずに壊れてしまったのは残念です。
 ただ品質に問題があったというより、原因はわたしの使い方のようです。コルセットには中央に四つパチンとはめる部分があるのですが、キチンと紐を緩めた状態でないと留めにくいことがあり、3つしか留めずにいたことが多かったのです。3つだけでも装着上は問題ないのですが、やはり一箇所に不自然な力が加わるようで、その結果割れてしまったのでしょう。
 割れた状態でつけると、その部分が姿勢により肌に食い込むので、コットンなどを間に入れていたのですが、やはり面倒なので新しいコルセットに替えました。
 幸いというか、このVollersの22インチコルセットの前に20インチのものを買っていたので、そちらに乗り換えました。22インチで余裕ができるようになったら20インチにしよう、と思っていたので、丁度良かったかもしれません。
 正直、22インチでもフルクローズはまだキツイです。
 本当に無理やりやればできないことはないですが、ちょっと生活できるレベルではありません。
 ただ、別にフルクローズまでいかないでも充分にコルセットの効果はありますし、逆にフルクローズしていたらそれ以上力は加えられないですから、肋骨矯正の意味はなくなってくるでしょう。
 コルセットのせいだとは思わないですが、ここ半年くらいで6、7キロ痩せました。そのへんはこちらのエントリに書きました。
スポンサーサイト
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
整体・骨格矯正 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

肋骨矯正コルセットで下腹ぽっこり?

2012.04.10(17:56)
 前に書いた通り、コルセットで肋骨を矯正しようとしているのですが、コルセットをしていると下腹がぽっこりと出ます。
 コルセットで下腹が出るのは、調べてみると結構皆んな悩んでいるようで、よくあることのようです。
 もちろん、コルセットをしたからといって下腹の肉自体が増える訳はないのですが、ウェストを締め上げているので、腸が移動して下腹の方が出る感じになってしまうのです。ウェストが細くなっている分、余計目立ちます。
 この辺は優先順序の問題ですが、コルセットをしても下腹が出ないようにするには、もう腹筋を鍛えるしかないように思います。
 内蔵が下がってたるむのは筋肉が足りないせいで、同じ体重でも鍛えた身体なら弛んだ印象にはなりません。
 そんな訳で、最近のエクササイズは割りと筋トレ寄りにしています。
 色々やっているなかで、腹筋の筋トレとして一番優秀なのはトレーシーメソッドの2あたりではないかと思います。女性向けにムキムキになりすぎないプログラムですし、簡単そうに見えて相当効きます。
 コルセットと運動を併用したせいか(運動する時とお風呂に入る時だけはコルセットを外します)、数字的には確実に細くなってきました。数字といっても、ウェストサイズの方で、体重そのものはそんなに変わっていない気もしますが・・。

 ちなみにわたしの使っているコルセットはコレです。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
整体・骨格矯正 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Vollersの22インチコルセットで肋骨矯正に挑戦

2012.03.25(00:21)
 以前にVollersの20インチコルセットを購入したことを書いたのですが、これが余りにサイズが小さいので(涙)、普通と逆行して、Vollersの同じタイプのコルセットの22インチを購入しました。

Vollersのコルセット 22インチ

 コルセットの紐には大分余裕があるので、別に20インチでもちゃんと使えるのですが、何となく矯正効果的に不利な気がするのと、後ろが開きすぎていてかっこ悪いので、まずは22インチからがんばることにしました。
 正直、22インチでもフルクローズには程遠いです。
 毎日使っていれば、いつかはフルクローズまで辿りつけるのでしょうか・・。

 コルセットを使い始めるまで、ウェストニッパーを使っていて、どんどんサイズを小さくできていたので調子に乗っていたのですが、コルセットとウェストニッパーでは、全然違います。
 ウェストニッパーは、ワイヤーが入っていてかなりキツイとはいっても、多少は伸縮性があります。それでも最初は息苦しいのですが、あんなものはコルセットに比べれば何でもないです。
 コルセットをキツくして締め上げると、最初はなんともなくても徐々に絞めつけられてきて、骨が痛くなることもあります。
 ですから、余り無理のないよう、装着直後の状態では限界まで締めあげないようにしています。限界までやった方が効果があるのかもしれませんが、途中で外してしまっては元も子もありませんから。
 肋骨矯正も長い道のりのようです・・。

↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
整体・骨格矯正 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Vollersの20インチコルセットを購入

2012.03.10(16:15)
 前にウェストニッパーによる肋骨矯正のことを書きましたが、この時購入したSサイズのウェストニッパーも楽になってしまったので、とうとう本格的コルセットに挑戦しました。前のエントリで書いていたVollersというブランドのコルセットです。
 前のSサイズのウェストニッパーがウェスト55~61cmだったので、次の段階!ということでフルクローズが20インチ51cmというサイズを買いました。

Vollersコルセット

 画像では青っぽく写ってしまっていますが、実際はもっと暗い紫です。
 裏側は紐がこのように通してあります。

Vollersコルセット紐

 早速着用してみたのですが、とりあえずそのままの状態で巻いてみると、もう笑えるほど届かない(笑)。
 ちょっとずつ紐を緩めて、何とかホックをはめられるところまで持ってきて着用したのですが、もう後ろがものすごい開いています。フルクローズなんて夢のまた夢って感じです。
 55cmの次だから51cm、とか安易に考えていたのですが、所詮ウェストニッパー、例え一番小さい状態が51cmだったとしても、ある程度伸縮しますし、ウェストニッパー自体が弱くなってくることもあります。サイズダウンしてきたのは間違いないのですが、20インチコルセットに挑戦するにはまだ未熟だったようです。
 この状態でも着用している分には問題ないですが、あまりにも開いていて精神的に惨めな気持ちになるのと、矯正効果的に合理的ではないのではないか?と思って、順序が逆ですが、22インチのものも注文してしまいました・・・。
 届いたらとりあえず22インチをフルクローズまでやって、それから20インチに挑戦したいと思います。
 あぁ・・・。

↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
整体・骨格矯正 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ウェストニッパーで肋骨矯正・コルセット効果

2012.02.24(15:45)
 ラブハンドルの脂肪吸引をした時にウェストニッパーをつけっぱなしにしていたのですが、最初は窮屈でも慣れてくると意外と大丈夫なので、ウェストニッパーで肋骨矯正に挑戦してみました。
 ウェストニッパーをしたところで脂肪が減ることはありませんが、常に圧力をかけ続けることで、ある程度肋骨の形を変えることはできるはずです。骨そのものの形は変わりませんが、肋骨を内向きにすることでウェストを細くする、ということです。要するにコルセットと同じ理屈です。調べてみると、結構コルセットやウェストニッパーで肋骨矯正をしている人はいるようなので、やってできないものではないようです。
 わたしは少しロート胸ぎみ(胸の真ん中が凹むような形)なので、前後方向には平たいのですが、肋骨の幅が割りと広く、寸胴に見えるのが気になっていました。
 本当は本格的なコルセットでやる方が良いのですが、ちゃんとしたコルセットは結構高いです。しかも紐で縛って絞り上げないといけないので、着脱が面倒くさそうです。
 コルセットの場合、フルクローズ(紐を縛って一番細くなった状態)のサイズが自分のウェストより10cm小さいくらいが良いようです。ウェストニッパーの場合、紐で縛る訳ではありませんから、もう少しゆるくしても良いかもしれませんが、大抵のウェストニッパーは多段階で調整できるようになっているので、一番細いサイズが10cm小さいくらいで良いのではないかと思います。
 前に使っていたウェストニッパーはMサイズで、表示サイズは61cmから67cm。圧迫にはなっても矯正するほどではありません。それでも24時間していると(お風呂と運動の時だけ外しています)結構鬱陶しかったのですが、最初は一番緩いフックだったのが、一番キツくしても全然平気になりました(身長が高いのでデブではない・・と思いたいw)。ウェストニッパー自体がちょっと伸びているというのもあるかもしれませんが・・。
 そこでもう一段小さいサイズのウェストニッパーを、新たに購入しました。
 ワコールのサルートSaluteというシリーズのものです。



 サルートは一番小さいサイズで58cm(55cm~61cm)があったので、これを使ってみることにしました。
 前のものより価格は高いですが、ウェディング用のウェストニッパーは作りがしっかりしていて矯正力も高いそうです。

サルート

 黒を選んだらデザインも結構可愛くて気に入りました。透け感がちょっとセクシーです(笑)。
 このサイズでも一番広いところのフックを留めれば、Mサイズの一番キツイところと実質同じ筈で、問題なく装着できます。ここから段々と細いところに移行していこうかと思っています。一番細くしても55cmですから、これに慣れてしまったらいよいよコルセットを買おうと思っています。
 Vollersというイギリスのメーカーが評判が良いようなので、ちょっと高いですが検討中です。58サイズの次の段階だと20インチになるのでしょうか。フルクローズ51cmというのは相当キツそうですが、余裕をもって装着することもできるので、細めの方がいいのかな、と思っています。
 肋骨矯正の注意点ですが、無理なサイズをいきなりするのは絶対にやめた方が良いです。途中でしんどくなって外してしまったら元も子もありません。常時装着していられるサイズまでにすべきです。
 実は肋骨矯正は以前にも挑戦したことがあったのですが、最初に頑張りすぎたせいかしんどくなり、寝る時は外すようになってしまったのです。寝る時外したのでは、その間にサイズも戻ってしまいますし、何時まで経ってもしんどいままで進歩しません。常時装着できるサイズまでで我慢して、その代わりじわじわ絞っていくのが現実的でしょう。
 ちなみに、コルセットもウェストニッパーも、胸まで覆うタイプのものがありますが、これは辞めておいた方が良さそうです。呼吸が苦しくて長続きしないそうです。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
整体・骨格矯正 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

フェイスラインを整え顎ラインをシャープにする運動

2010.02.19(21:22)
 以前にお世話になっている先生とお話した時、面白い話を聞きました。
 年齢と共にフェイスライン、特に顎下のラインが気になってくるものですが、ここを引き締めるエクササイズというのがあるそうです。
 「あっかんべー」をするように、舌を思い切り突き出して、下の方に伸ばすようにするのです。
 やってみると、顎下の部分が引き締まっているのが分かります。
 これだけでキュッとなるかというと、効果の程はわかりませんが、簡単にできますし、わたしもオマジナイくらいのつもりで気がついた時にやっています。
 他人に見られるとかなり変な人なので、気をつけてください(笑)。
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
整体・骨格矯正 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

肩幅を狭くする手術

2010.01.22(19:01)
 肩幅を狭くする手術があることは知っていたし、「肩幅を狭く見せる」ことについては以前に書いているのですが、先日、ふとしたことからドクターとこの手術についての話になりました。
 わたし自身は多少肩幅が広めなものの、手術を受ける気は全くありません。
 このお医者さんも、「あの手術はあまり良くない」と仰っていました。
 「大変な手術ですからね」と言うと、「別に大変ではない、鎖骨骨折と同じだから」と言います。いやいや、鎖骨骨折って相当大変だと思うのですが・・。
 お医者さんが「良くない」という理由は、この肩幅を狭くする手術では、鎖骨を一部切断しつなぎ直すため、仕上がりとしての姿勢が前かがみになるから、というものです。
 つまり、少し肩が前に出て丸まる形で「肩幅が狭く」なるため、見た目が今ひとつ綺麗ではない、ということです。
 「みんな背筋を反らせて、肩を後ろから下げるようにして肩幅を狭く見せるでしょう?」と仰いますが、正しくその通り。以前に触れた、整体で「肩幅を狭くする」のもこの方法ですし、身体が柔らかければ、整体に通わないでも日ごろの心がけだけで「美しく肩幅を狭く」見せることができます。

 それでもとにかく「物理的に肩幅を狭くしたい」という人はいらっしゃるでしょうし、リスクも覚悟で手術を受けるというなら止めませんが、どういう形で「肩幅が狭く」なるのか、よくイメージし理解しておくべきだと思います。
 当然、そうした方のために「肩幅を狭くする」手術をして下さっている先生方を誹謗するものではありません。身体や顔のコンプレクスについては、よくよく理解しているつもりですし、コンプレクスも犠牲にできるものも人それぞれですから、方法を提供して下さっているだけでも、肩幅を狭くする手術を行っている先生方には敬意を表したいです。

 わたしが実践している「肩幅を狭く見せる」綺麗な姿勢の作り方はこちら
 元々猫背やいかり肩の方は、身体がガチガチに固まってしまっていることが多いので、整体などでほぐしてもらってからでないと、自己努力だけでは難しいかもしれません。

4405081875DVDで覚える自力整体
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
整体・骨格矯正 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

肩幅を狭くする方法

2008.11.04(05:06)
 少し肩幅が広い方で、気にしていた時期がありました。
 肩幅を狭くする整形手術というのが存在します。
 骨を切って狭くするもので、費用は100万ちょっとだったと思います。肩の骨を切るわけですから、結構な手術ですし、しばらくものを持ちあげることもできません。傷跡も残ります。さすがに手術してまで肩幅を狭くしようとは思いませんでした。
 代わりというわけではありませんが、肩幅を狭くする整体というのに行ったことがあります。
 正直半信半疑でしたし、実際整体で骨を短くできるわけがないのですが、骨自体を短くできなくても、肩幅を狭く見せることができる、とわかりました。
 重要なのは姿勢です。 ⇒肩幅を狭くする方法の続きを読む
↓応援クリック♪
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
人気blogランキング
整体・骨格矯正 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

Author:yukko
2007年8月2日に豊胸手術を受けました。このブログでは術後の経過や注意点などを記録していきます。
顎プロテーゼ、ホクロ・シミのレーザー治療、ボトックス、サーマクール、二重(埋没・切開)、鼻尖縮小などについても体験を書いています。すべて自分が受けた手術の体験談です。

カテゴリー
ランキング

おすすめ本&DVD
最近のブログ記事
月別アーカイブ

ブログ過去ログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。